トップ

産業医になるには

産業医という医者になるには産業医科大学

産業医という医者の種類について

PR:医者になるにはこのサイト

医者になろうとはっきりと決心してから、勉強するとき気を散ることがなくなりました。もう、つまらないことで気を散らせている時間など、僕にはないのです。ぼくは医者になるために医学部をめざしている高校生の男子です。父親はサラリーマンとして家族のために一生懸命働いてくれている優しい人です。けれど、子供の僕から見ても、「なぜここまで?」と疑問に思うほど、朝早くから夜遅くまで会社に埋没した人生です。残念ながら世間ではいわゆるブラック企業として名が通っている会社に勤めている父は、長すぎるサービス残業時間を不満に思うこともあまりないようです。

父の異常にも思える、会社に人生の大部分をささげている姿を見ているうちに日本の労働環境に興味を持つようになりました。大部分の日本人は働き過ぎ!しかし、働くこと、それも長時間働くことが「価値ある」行動のように考えている人が多いようです。

最近、父親のように働き過ぎる人の健康を守る産業医という種類の医者がいるらしいことを知りました。医者になりたいと考えていたけれど、どんな医者になりたいのか具体的に考えたことがあまりありませんでした。あらためて、僕は、働く人々の健康を守るため、医学知識でアプローチすることのできる産業医として働きたい。産業医の立場で、父のような人々の力になりたいと強く感じるようになったのです。しかし、産業医になるにはどうしたらいいんだろう?聞けば、産業医育成に特化した産業医科大学が、福岡にあるらしい。

■産業医という職業
産業医とは、職場において働く人の健康管理等について、医者としての立場から指導・助言を行う医師を指しています。労働安全衛生法により「常時 50 人以上の労働者を使用する事業場においては、事業者は、産業医を選任し、労働者の健康管理等を行わせなければならない」と定められています。また、医師なら誰でも産業医になれるわけではありません。産業医としての資格を取得していなければなりません。そして事業場との間で産業医契約を結んで、労働基準監督署に届けが出ている必要があります。

■産業医になるには
医師なら誰でも産業医になれるわけではありません。
医師免許を取得した後、以下のどちらかの資格を取得していなければなりません。

1.労働衛生コンサルタントの試験に合格する
2.日本医師会が認定した研修を修了

そして、もうひとつ産業医科大学を卒業する方法もあります。

■産業医科大学の特色とメリット
【産業医科大学の特色】
日本で唯一産業医育成に特化した大学です。
厚労省の助成により運営されている福岡県の僕立大学です。
公害病や職業病が問題になったころ労働安全衛生法が施行され、産業保健や労働衛生を専門とする医師が必要になったために産業医科大学が設立されたことが始まりです。

【産業医科大学のメリット】
・同大学は平成16年度から教育課程を改正し、卒業生は、卒業直後に産業医の資格を取得することができるようになりました。5年更新も免除され一生有効な資格です(産業医学卒後修練課程(修練課程」修了必須)
・卒業後、貸与を受けた期間の1.5倍の期間(在学6年間にわたり貸与を受けた場合は9年間)産業医等の職務に就けば、貸与を受けた全額が返還免除となります。

いろいろ調べてみた結果、産業医科大学に行くのが産業医になるには近道みたいだ。卒業後は産業医として何年か働かないとペナルティがあるようだけど、最初から産業医になりたい僕には問題ではありません。このような理由から僕は産業医科大学を選びました。

”産業医とは、事業者との契約に基づき、企業内等で労働者の健康管理を行う医師のこと。労働安全衛生法は、常時50人以上の労働者を使用する事業場には産業医を置くことを義務づけている。
出典:産業医面談の内容が上司に筒抜け、どうしたらいいか|PRESIDENT Online